色の心理学

色の心理学とは何ですか:

色心理学は、人間の脳がどのように既存の色を識別し、 それらを感覚や​​感情に変えるかについての綿密な研究から成ります。

これは色彩理論の知識とともに、知覚者の感情や感覚に対する色の影響を理解するのに役立つ心理学的研究です。

この影響は主にマーケティングおよび広告の分野で見受けられ、そこではあらゆる詳細が特定の方法で消費者に影響を与えると考えられ、製品またはサービスの購入を刺激します。

実用的には、色のシンボルは製品レイアウトの構成の基本です。 うまく適用されると、それはマテリアルの取得と有効性の点で資産になります。

色の心理学:特性は何ですか?

それぞれの色は人に違った感覚を作り出すので、それらをどのように使うかを知ることが基本となります。 これには、色を使用する際の重要な特性がいくつかあります。

  • 寸法:色は環境の寸法の知覚に影響を与える可能性があります。 つまり、色によっては、それがより大きいまたはより小さいスペースにあるという印象があるかもしれません。どちらも実際には同じサイズです。
  • 重量:色は、特定のオブジェクトの重量感に影響を与える可能性があります。 使用されている色によっては、ボールが明るくなったり重くなったりします。
  • 照明:色によって、光の吸収にはさまざまな違いがあります。 これにより、環境または見かけのオブジェクトが暗くなったり明るくなったりします。
  • 温度:色は暖かいまたは寒い環境の感覚を伝えることもできます。 たとえば、いわゆる「暖色系」は、このタイプの「熱」を渡すことによってこの名前を取ります。
  • 象徴性:アイデアの伝達とそれぞれの色が伝達する意味は、それぞれの人生の経験に応じて、人によって異なります。 一人の色で、同じ人の人生の異なる時期にいくつかの異なる感情や感情を喚起することも可能です。
  • 感情:心理学のために、色は人々の感情の目覚めに直接影響します。 それらは個人の気分、気分、動機、およびその他の心理的特性に影響を与える可能性があります。
  • 思い出:匂いのように、色の視覚化は自分の人生の特定の瞬間に関連付けることもできます。 したがって、特定の色によって、たとえば過去の状況を思い出すことができます。

あなたの個性の中の色はまだ特定の意味を持っています、そしてそれは製品やサービスのレイアウトを構成するときにも重要です。

色彩理論の意味についての詳細を参照してください。

心理学における色の意味

色の心理学は人間における8つの主要な感情を認識します:怒り、恐れ、悲しみ、嫌悪感、驚き、好奇心、受け入れと喜び。

心理学の研究によると、これらの感情のそれぞれは色によって表され、これらは人々の行動に影響力のある役割を果たしています。

したがって、心理学によって与えられた解釈によると、暖かい色はエネルギー感、活動および熱意を伝える傾向があります。 一方、冷たい色は合理性、落ち着き、そしてプロフェッショナリズムに関連しています。

ホットカラーとコールドカラーの詳細についてはこちらをご覧ください。

この原色は、ダイナミズム、つまり動いて​​行動する意欲と関連しています。 実験によると、赤には人体を刺激する能力があり、たとえば血圧や心拍数の増加を引き起こします。

それは高強度と自信の感覚を伝えるために使われる色です。 この色に関連する感情の中で、強調表示します:

  • 激怒。
  • 情熱;
  • 怒り
  • 危険
  • 暴力
  • 怒り
  • 励起

イエロー

暖かい色なので、黄色もダイナミズムと刺激の感覚を伝えます。 色の心理学によると、それは楽観主義とエネルギーの色と見なされます。 それはまた人々の集中力と知性を刺激する能力を持っています。

この色に関連するもう一つの感覚は、快適さと幸福感です。 黄色も関連しているという感情のいくつかの中で、強調表示します。

  • 知恵
  • 喜び
  • 楽観主義
  • 羨望;
  • 病気
  • 理想主義
  • 臆病者

オレンジ色

オレンジは二次色で、赤と同じように、動き、興奮、そして行動への欲求という考えも伝えます。 しかし、最初のものとは異なり、オレンジはそれほど印象的ではありません。

色の心理学はオレンジに喜び、社交性とアニメーションの感覚を帰します。 この色に関連する他の感情の中で、強調表示します:

  • ユーモア。
  • エネルギー;
  • 浪費;
  • 熱意;
  • 親しみやすさ。

紫色

この色は、創造性のために脳の領域に直接作用します。つまり、「創造的ブロック」の解決への刺激を促します。

また、落ち着いた感じと静けさも紫に関係しています。 このため、さまざまな精神的および信仰関連のテーマがこの色で表現されています。

紫はまだ成功、貴族、富のイメージを表しています。 他の関係の中で、強調表示します:

  • エロチシズム
  • ミステリー
  • 知恵
  • 傲慢
  • 感度
  • 親密さ。

ブルー

青は落ち着いた静けさと静けさのアイデアを伝えています。 このため、その使用は、プロフェッショナリズム、安定性、およびセキュリティを表すためによく使用されます。

色の心理学によると、色の青に関連している気持ちのいくつかは次のとおりです。

  • 忠誠心
  • 静けさ
  • 調和
  • 自信
  • クリーニング
  • 寒い。
  • うつ病。

グリーン

色の心理学のために、緑は健康、活力、自然と繁殖力に関連付けられています。 心理学者にとって、この色は人々を落ち着かせストレス​​を和らげる能力を持っています。

この色が喚起する他の感情の中で、強調表示します:

  • 忍耐力。
  • 誇り
  • 頑張ってください。
  • 若さ
  • 寛大さ
  • 未熟
  • 嫉妬
  • 環境。

色と心理学の意味についてもっと学びましょう。