組織心理学

組織心理学とは

組織心理学は、職場環境内で起こる人間の行動の現象理解することに専念している心理学の分野です

仕事の心理学とも呼ばれるこの分野は、人事管理や会社内の人事管理に関連する問題の解決に努めています。 これを行うために、従業員が集団環境でどのように作業しているかを理解し、作業環境内の特定の態度の結果を分析することを目指しています。

組織心理学は、心理学の原則を適用し、従業員の個人的および集団的行動、さらには会社の組織的行動を理解しようと努めることによって開発されます。

組織心理学の仕事は職場での集団的幸福と生活の質高めることです。

組織心理学の実践分野

組織心理学の活動の主な分野は次のとおりです。

  • 人材の採用と選択:各職種を占めるのに最も適したプロファイルを持つ人々を特定することにより、会社内で利用可能な求人の求人や組織を担当する領域。
  • 従業員のトレーニングと育成:会社の業務ニーズに応じて、従業員がより効率的に職務を遂行できるように権限を与えることを目的とした一連の行動と戦略で構成されています。
  • 従業員の満足度の監視 :組織心理学者は、企業内でサービスを提供する人々のモチベーションのレベルを監視する責任も負っています。
  • 組織診断:企業内に存在する可能性のある問題または困難を特定するために、経営管理のすべての分野の一種の状況評価を行う作業。 問題点を特定するとき、心理学者はこれらの問題を解決するための戦略を作成し実行しなければなりません。
  • 紛争管理 :会社または機関の従業員間に存在する可能性のある紛争の特定と解決から、より健康的な職場環境を確保するための行動が実施されます。
  • キャリアと給与管理 :実行される各機能に最も適した給与を確立するのに役立つことに加えて、会社の各ポジションへの職務の正しい割り当てに注意してください。 それはまた、成長の機会と従業員への利益を可能にするキャリアプランの策定を支援することもできます。

組織心理学は、民間企業、公的機関、非政府組織、政府所有組織など、あらゆる職場環境で使用できます。

組織心理学者は何をしますか?

この分野で働く専門家は組織心理学者と呼ばれます。 それは、困難を特定し、企業や機関内の生活や労働条件を改善する行動を提案する責任があります。 彼の活動の中で、次のことが際立っています。

  • 会社内の従業員の主要なプロフィールの識別。
  • 人的資源の組織行動の評価
  • 社内の心身症および職業性疾患の診断
  • 欠勤(欠勤)および高従業員の離職の原因の特定
  • 仕事の主な動機づけ要因を見せてください。
  • 会社の構造と機能を向上させる変更を提案します。
  • 会社が採用している慣行と規則の分析。

組織心理学の重要性

組織心理学の仕事の存在は、労働環境内でより多くの健康、生活の質、そして生産性を確保するために重要です。

このように、労働環境における心理的な伴奏は、従業員の幸福にとっても会社の成功にとっても好ましいものです。

組織心理学を通じて、企業や機関は、職場環境の組織文化を害する可能性のある行動や行動を回避することができるようになります。 これから彼らはチームの満足のいく統合を促進する戦略を作成し採用することができます。

組織文化と組織行動の意味についての詳細を参照してください。