バッチ

Bemolとは何ですか:

Bemol音楽の文脈では男性的な名詞で、前の音の半音 (ハーフトーン) 減少を示すグラフィック信号で構成されています。

スコアでは、問題の音符の前に信号を2倍にすることで構成される、2 倍フラットまたは2 倍フラットもあります。

さらに、フラットという言葉は、店舗やスタジオなど、音楽に関連するさまざまな症状に関連しています。 その一例が、1967年にオープンし、ベロオリゾンテにあるBemolスタジオです。

大胆かつシャープ

シャープとは、1半音単位で音符またはコードの周波数を徐々に変更するために使用されるグラフィック信号です。つまり、音符がハーフトーンまで上がる必要があることを示します。

ベモールとシャープは音楽事故としても知られています、そしてそれはそれらが特定の歌の調性を定義するものです。